『ランジャタイ』の国崎と伊藤はどんな芸人?ブレイクの道のりを調査!

漫才コンビ

2021年のM-1グランプリで、初めてファイナリストとなり、その独特の漫才で日本中を沸かせたお笑いコンビ『ランジャタイ』。

千鳥・大悟も大絶賛する芸人コンビです。

今回は“『ランジャタイ』の国崎と伊藤はどんな芸人?ブレイクの道のりを調査!“ついて紹介して行きますね!

スポンサーリンク

『ランジャタイ』とはどんなコンビなの?

ランジャタイは、伊藤幸司国崎和也によるグレープカンパニー所属のお笑いコンビです。

2017年には、バラエティー番組『ゴットタン』で『天才と一目置かれている芸人』の第1位にも選ばれました。

『ランジャタイ』の芸風

国崎 の狂気的なボケに伊藤が半ば諦め、ほぼ国崎のワンマンショー的なボケが展開するイリュージョン漫才とも呼ばれるスタイル。

とにかく国崎のボケが「半端なく狂気」なんですね!

ちょっと怖いくらいの一人芝居です。

二人の出会いとコンビ結成

2人の出会いは2006年、渡辺直美やジャングルポケットを輩出したNSC東京校12期在学中に知り合います。

 国崎「(伊藤が)入学当初、生徒ひとりひとりに『おもしろいんか』と聞いてまわっていて」
伊藤「みんなに無視されてたんですけれど、30人目くらいでこいつ(国崎)にたどりついて『おもしろいんか』と聞いたら、『おもしろいよ』と答えた」

国崎「そこから友達になった」

ビッくらぼんの365日・芸人日記(272)サンスポCOMより掲出

NSC東京校を揃って中退

ネタ見せの授業には参加せず観る側の伊藤が、授業中に奇行をみせます。

 伊藤「とがっていたんです。売れるのは一握りなのに、NSCはみんな仲がよかった。なんで仲よくしているんだと思って、あるとき、授業中に立ち上がって前に行って『おまえら、ここは仲良しクラブじゃねえんだぞ!!』と。そしたら、スタッフがとびかかってきて、クビだといわれた。『回避したかったら町中のゴミを集めてこい』と」

国崎「僕は友達だったので手伝った。(当時NSCがあった)西大井の駅の周り、半径5キロくらいのゴミを集めました」

伊藤「大雨のなか3、4袋くらいパンパンにして持っていったんですけれど、クビといわれて泣きながらNSCを出ていった」

国崎「それを目撃して、こいつおもしろいなと思ってコンビを組もうと。一緒に退学しました」

ビッくらぼんの365日・芸人日記(272)サンスポCOMより掲出

その後2007年にお笑いコンビ「ランジャタイ」を結成して現在に至ります。

コンビ名の『ランジャタイ』の由来は?

コンビ名の『ランジャタイ』は、天下一の名香こうぼくと言われ足利義満や織田信長といった天下人と呼ばれるような人にしか切り取ることができなかった蘭奢待らんじゃたいにあやかって、お笑い界の「天下を獲りたい」という気持ちから伊藤が考えたもの。

しかし、相方の国崎には、「響きだけでつけた」と説明しただけで、その由来は告げず、国崎に話したのはコンビ結成から4年後だったといいます。

「ランジャタイ」ブレイクのきっかけ

M-1グランプリにはコンビを結成した2007年から出ていますが、2020年は初めて準決勝まで進みます。

 

結果は敗退という結果でしたが、敗者復活戦で国崎が発した「国民最低ー!」がTwitterのリアルタイムトレンドワードになる等、話題になり、翌正月の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』出演を果たし一気にブレイクします。

国崎:やっぱり、あそこ(『M-1』敗者復活戦)から全てが変わりましたね。いろいろお仕事入れていただいて。で、『ガキ使』ですよ。ダウンタウンさんが2人揃って僕らの漫才を見てくださることなんて、めったにないことですからね。

bizSPA!フレッシュ(https://bizspa.jp/post-422349)より掲出

伊藤のプロフィール

名前 伊藤 幸司(いとう こうじ)
担当(立ち位置) ツッコミ担当(左)
見分け方 綾波レイに憧れての髪型[4]とVネックのインナー、ジャケットの黒ずくめの漫才衣装
生年月日 1985年11月18日
血液型: 型 A型
出身地 鳥取県岩美郡岩美町
サイズ 身長165cm、体重58kg
趣味 海水浴、漫画。特に『グラップラー刃牙』のファン
特技 水泳、ネズミと喋ること

 

国崎 のプロフィール

 

名前 国崎 和也(くにざき かずや)
担当(立ち位置) ボケ(右)
見分け方 黄色の漫才衣装
生年月日 1987年9月3日
血液型  A型
出身地 富山県氷見市
サイズ 身長169cm、体重60kg
最終学歴 富山県立二上工業高等学校卒業。
趣味 人を笑わすこと、ゲーム 漫画
特技 腕相撲、犬との会話バスケットボール 危険物取扱者乙4種免許を所持

まとめ

ここまで”『ランジャタイ』の国崎と伊藤はどんな芸人?ブレイクの道のりを調査!”について解説して来ました。

M-1のファイナリストとしてTVにネットにと目が離せない『ランジャタイ』。
この先もさらなる飛躍を期待しています。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました