2022年度前期 放送予定『ちむどんどん』のキャストと相関図は?

2022年ドラマ

2022年度前期 放送予定の連続テレビ小説『ちむどんどん』
主演はマッサン』『スカーレット』等の朝ドラ出演のある黒島結菜 (くろしま ゆいな)。
今回は” 『ちむどんどん』のキャストと相関図は? ”について解説していきますね!


スポンサーリンク

2022年度前期 放送予定の『ちむどんどん』ってどんなドラマ?

本作は2014年の朝ドラ『マッサン』の脚本を手掛けた羽原大介さんの脚本による、オリジナルドラマとなっております。

本作の題名のちむどんどんとは、日常会話としてよく使われる沖縄の方言で、「胸がドキドキする」といった意味を表す言葉でラブ系の言葉。

「胸」は「チム」「ドンドン」は気持ちが高揚するときのドキドキ感「チムドンドン」なんですね。

2022年度前期 放送予定『ちむどんどん』のあらすじ

沖縄がまだアメリカ軍の統治下にあった1960年代。、沖縄本島北部は、豊かな自然や山林が多く、「やんばる地方」と呼ばれていましたが、その「あるひなびた村」に、父と母、長男、長女、次女、三女の6人家族で、サトウキビなどの農家を営む比嘉家が暮らしていました。

ヒロインは次女の暢子。家族でいちばん、食べることが大好きで、おいしいものが大好き。

野に山に海に「何かを採って食べること」が大好きな暢子でしたが、一度だけ家族そろって町のレストランで食事をした時に初めての西洋料理に心奪われました。

病気で父が急逝後、女手一つで働く母を助けるため兄弟はそれぞれに家事を担当します。
料理を任された暢子でしたが、高校卒業を迎えると「東京に行って、西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱きます。

折しも1972年、沖縄の本土復帰の年。暢子は東京に渡り、念願の有名レストランの厨房で厳しい修業をはじめます。

厳しい修業の歳月を送る暢子でしたが、兄弟や沖縄出身者が多い下宿先の人々や昔から共に食べてきたふるさとの料理に支え合いながら、恋をして、料理人として成長するなかで、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と願う様に…。

2022年度前期 放送予定『ちむどんどん』のキャスト


それでは早速『ちむどんどん』のキャストを紹介しますね!

比嘉暢子(ひが のぶこ)役  :黒島結菜 (くろしま ゆいな)


復帰前の沖縄、自然豊かな本島北部のやんばる地方に生まれ育ち、幼いころからおいしいものを食べること、作ることが大好き。明るくのんきな性格。高校卒業とともに故郷を離れ、沖縄出身者が多い横浜市鶴見で暮らし、東京のレストランの厨房で働き始める。

 

♢黒島結菜コメント

放送にあたり比嘉暢子役の黒島結菜さんから下記のコメントを頂きました。

撮影が始まったばかりですが、ヒロインの発表から半年くらい経っていることもあり、気持ち的にはもう折り返した気分です。

ここからあっという間に終わっていくんだなという気持ちが強くて、一日一日を大事にしていかないといけないなと思いながら撮影に臨んでいます。


今は主人公の生家である比嘉家のセットで撮影をしていますが、沖縄に住んでいる私の島のおばあちゃんの家のつくりとほとんど一緒なので、懐かしい気持ちになりました。

渋谷のど真ん中にいるはずなのに、沖縄に帰ってきたような気持ちになりますし、とてもリラックスして現場にいることができるのでとてもうれしいです。

撮影では「沖縄そば」など食べるシーンがたくさん出てきます。


私が演じる暢子は、おいしいものを食べるのが大好きなので、おいしそうなものを
見ているだけで自然と笑みがこぼれてくる人です。

そういう暢子の気持ちをひとつひとつ大事にしながら、演じていけたらいいなと思っています。

放送はまだまだ先になりますが、良い作品が作れるように頑張りますので、みなさん楽しみに待っていてください!

♢黒島結菜のプロフィール

生年月日: 1997年3月15日
出身地:沖縄県糸満市
身長:162 cm
血液型: A型
活動期間: 2012年 –
主な作品:
映画
『あしたになれば。』『サクラダリセット』『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』『カツベン!』
テレビドラマ
『マッサン』『花燃ゆ』『戦後70年 一番電車が走った』『時をかける少女』『アシガール』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『スカーレット』『行列の女神〜らーめん才遊記〜』
 

比嘉優子(ひが ゆうこ)役  :仲間由紀恵(なかま ゆきえ)


沖縄本島北部やんばる地方のとある村で、夫とともにサトウキビ農家として働きながら四兄妹を育てる。子どもの頃は定食屋の娘として育ち、料理も得意。大らかで明るく、困った人を見ると放ってはおけない性格。

 

♢仲間由紀恵コメント

放送にあたり役の仲間由紀恵さんから下記のコメントを頂きました。

沖縄の豊かな自然の中、島の太陽を浴びながらすくすくと成長する子供たちを育てる、大らかで明るい母、優子を演じられることが今からとても楽しみでワクワクした気持ちです。

個性豊かな子供たちの成長を支えながら、沖縄の美しい海、緑、空気を視聴者の皆様にお届けできるよう頑張ります。

♢仲間由紀恵のプロフィール
生年月日 :1979年10月30日
出生地: 沖縄県浦添市
身長 :160 cm
血液型:A型
活動期間 :1994年 –
主な作品:
テレビドラマ
『神様、もう少しだけ』『TRICK』シリーズ『ごくせん』シリーズ[2]『功名が辻』[2]『ありふれた奇跡』『テンペスト』シリーズ『美しい隣人』『サキ』『花子とアン』『相棒』シリーズ『美女と男子』『明日の約束』『偽装不倫』『10の秘密』『24 JAPAN』
映画
『リング0 バースデイ』『トリック劇場版』シリーズ『g@me.』『SHINOBI』『映画版 大奥』『私は貝になりたい』『ごくせん THE MOVIE』『劇場版テンペスト3D』

比嘉賢三(ひが けんぞう)役  :大森南朋(おおもり なお)


生まれ故郷の村でサトウキビ農家を営む。若い頃に、大工や飲食業などさまざまな仕事をしてきた。今も農閑期には家族をささえるために出稼ぎ仕事に行くことも。料理も得意で時折家族のために腕をふるう。唄三線をこよなく愛している。

 

♢大森南朋コメント
放送にあたり比嘉賢三役の大森南朋さんから下記のコメントを頂きました。

演じさせていただきます比嘉賢三さんは家族を愛し、唄三線を愛し、真っ直ぐ生きてきた人なのかな? 時代に苛まれながら生きてきた彼には許せない思いも、揺るぎない思いもあったのだと想像できます。


そんな人間には惹かれます。まだ何も始まっていないので、正確には答えられませんが、「タイトル」「脚本」「共演者」「スタッフ」そんなヒントとなるワード達に囲まれながら、いつもより早めにワクワクしております。

♢大森南朋のプロフィール
生年月日 :1972年2月19日
出生地 :東京都
身長 :178 cm
血液型 :A型
活動期間 :1993年 –
主な作品:
テレビドラマ
『ブスの瞳に恋してる』『ハゲタカ』『龍馬伝』『BOSS 2ndシーズン』『S -最後の警官-』『コウノドリ』『BORDER 贖罪』『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』『私の家政夫ナギサさん』
映画
『殺し屋1』『ヴァイブレータ』『ハゲタカ』『スイートリトルライズ』『アンフェア the answer』『ALWAYS 三丁目の夕日’64』『ヘルタースケルター』『R100』『寄生獣 完結編』『秘密 THE TOP SECRET』『アウトレイジ 最終章』

比嘉賢秀(ひが けんしゅう)役  :竜星涼(りゅうせい りょう)


比嘉家の長男、暢子の兄。自由奔放、腕力だけは人一倍。勉強は苦手、素行も悪いが心優しい家族思い。常に「比嘉家の長男」を自負し、家族のためさまざまな挑戦をするが、かえって迷惑をかけることが多い。子どもの頃、比嘉家では豚を飼っており、以来こよなく豚を愛する男となる。

 

♢竜星涼コメント

放送にあたり比嘉賢秀役 の竜星涼さんから下記のコメントを頂きました。

比嘉家の長男、賢秀の印象は、自分勝手でトラブルメイカーなところはあるけれど、家族への愛や優しい一面を持っている人物です。
きっと作品の中でも何度もトラブルを起こし家族やその周りの人を巻き込んでいくことでしょう。
比嘉賢秀(ひが けんしゅう)役の竜星涼
でも最後にはなんだか憎めない。
そんなみんなのニーニーを作っていけたらと思います。

♢竜星涼のプロフィール
生年月日 :1993年3月24日
出身地:東京都
身長 :183 cm
血液型: A型
活動期間 :2010年 –
主な作品:
テレビドラマ
『獣電戦隊キョウリュウジャー』『ひよっこ』『小さな巨人』『オトナ高校』『アンナチュラル』『同期のサクラ』『テセウスの船』
映画
『orange』『泣き虫ピエロの結婚式』『君と100回目の恋』『22年目の告白 -私が殺人犯です-』『ぐらんぶる』

比嘉良子(ひが りょうこ)役  :川口春奈(かわぐち はるな)


比嘉家四兄妹の長女。暢子の姉。抜群に勉強ができて、性格も優等生。正反対の性格の兄・賢秀とたびたび喧嘩になる。料理は苦手である。人一倍の努力の末、子どもの頃からの夢だった小学校の教員になり、母校で教壇に立つ。

 

♢川口春奈コメント

放送にあたり比嘉良子役の川口春奈さんから下記のコメントを頂きました。

四兄妹の長女、良子を演じさせていただくこととなりました。きっとしっかり者で責任感の強いお姉ちゃんなのかなと思います。

沖縄という素晴らしい場所で、家族や兄弟の愛や絆をあったかく深く描いて皆様にお届けすることが出来たらと、今からとてもドキドキしています。もがきながらも一生懸命、全うしたいと思います。

♢川口春奈プロフィール
生年月日: 1995年2月10日
出生地 :長崎県五島市(旧・福江市)
身長 :166 cm
血液型: B型
活動期間: 2007年 –
主な作品:
テレビドラマ
『桜蘭高校ホスト部』『GTO』『金田一少年の事件簿N』『探偵の探偵』『ヒモメン』『イノセンス 冤罪弁護士』『麒麟がくる』『極主夫道』『着飾る恋には理由があって』
映画
『映画 桜蘭高校ホスト部』『好きっていいなよ。』『にがくてあまい』『一週間フレンズ。』

比嘉歌子(ひが うたこ)役  :上白石萌歌(かみしらいし もか)


比嘉家の末娘。暢子の妹。幼いころから病気がちで、強烈にシャイな性格。歌をこよなく愛して、父から唄三線の手ほどきを受けるが、恥ずかしいので家族以外の前ではなかなか歌えない。大人しい一方、兄妹でいちばん謙虚な性格で、家族みんなの癒しにもなっている。

 

♢上白石萌歌コメント

放送にあたり比嘉歌子役のさんから下記のコメントを頂きました。

<上白石萌歌さんコメント>
連続テレビ小説「ちむどんどん」にて、三女 歌子役を務めることになりました。
長年の夢であり目標であった連続テレビ小説で私の名前の一部である“歌”のつく役を演じさせていただけること、なにか大きな運命を感じます。

歌子は幼いころから体が弱く恥ずかしがり屋、一方で歌を心の底から愛している女性です。
私も歌子も歌によって生かされているということから、深く繋がっていけそうな予感が今からしています。

♢上白石萌歌プロフィール上白石 萌歌
本名: 上白石 萌歌
生年月日 :2000年2月28日
出身地: 鹿児島県鹿児島市
身長: 163 cm
血液型: A型
活動期間: 2011年 –
主な作品:
テレビドラマ
『義母と娘のブルース』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『教場II』
映画
『羊と鋼の森』

2022年度前期 放送予定『ちむどんどん』の相関図


⤴『ちむどんどん』の相関図

2022年度前期 放送予定 『ちむどんどん』のスタッフ

  • 【作】羽原大介
  • 【語り】ジョン・カビラ
  • 制作統括:小林大児 藤並英樹
  • プロデューサー:高橋優香子 松田恭典  
  • 広報プロデューサー:川口俊介
  • 演出:木村隆文 松園武大 中野亮平 ほか 

2022年度前期 放送予定『ちむどんどん』放送開始日

放送開始日は2022年4月11日(月)スタートです。

まとめ

ここまで、” 『ちむどんどん』のキャストと相関図は? ”を解説してきました。

どんなドラマになるのか今から楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました