やまぴー『恋に落ちた家』で出演に!相手役は誰?

映画

韓国で大ヒットした恋愛映画『建築学概論』(けんちくがくがいろん)の日本版で、Netflixのオリジナル映画『恋に落ちた家』。

主演は、俳優・山下智久で、Netflixで全世界同時配信を予定しています。

今回は” やまぴー『恋に落ちた家』で出演に!相手役は誰? ”について解説していきますね!


スポンサーリンク

やまぴー主演『恋に落ちた家 』のあらすじ?

2002年、18歳の伊吹(山下)は、建築家を目指して都内の大学っていましたが、ある日美しく可愛らしい女性・李由梛と出会います。

日本の美しい建築を巡りながら、互いに忘れられないひとときを過ごす2人でしたが、「将来、私の家を建ててね」そんな一言の約束だけを残して2人は別れてしまいます。

「南アルプスと富士山を眺める絶景の西伊豆町に家を建てて欲しい」19年の歳月がたったある日、突然伊吹の前に現れた由梛がそう言って現れます。

19年という間に離婚や父の病気などで、人生の苦悩を背負った由梛に伊吹はどう寄り添って行くのか?

2人の愛が再熱していきます。

やまぴー主演『恋に落ちた家』のキャスト


それでは早速『』のキャストを紹介しますね!

伊吹 役  : 山下智久


建築家・19年前に李由梛と約束した「将来、私の家を建ててね」の約束を守る為西伊豆に家を建てるうちに李由梛との距離が近づいていく。

 

♢山下智久コメント

放送にあたり役の山下智久さんから下記のコメントを頂きました。

■ コメント  韓国で大ヒットした恋愛映画のリメイクという事で大きなプレッシャーを感じているのと同時にこの作品に携われる大きな喜びを感じています。
 建築家が家を設計するのと同じように、敬意を込めて、丁寧にストーリーを理解し、そして気持ちを込めてこの作品を作り上げて行けたらと思います。
オリジナルの作品をリスペクトしながら、新しくこのチームで作る愛の形を表現できるよう努めていきたい所存です。
日韓のキャストスタッフと作り上げるプロジェクトという事で、今から新しい出会いに胸を膨らませています。
 若かりし頃の不器用さ、大人になると失われがちな柔軟さ、素直さ。19年という時をまたぐ、繊細でいて、大きな心の変化をゆっくりと描いていきます。
あの頃、今、そして未来。見てくださる皆さんが僕達の役に、気持ちを投影できるような優しく温かい作品になるよう願いを込めて撮影をしていきます。
是非楽しみにしていてください。

♢山下 智久プロフィール
生年月日: 1985年4月9日
出身地 : 千葉県
身長 :175 cm
血液型 :A型
活動期間 1996年 –
主な作品
テレビドラマ
『池袋ウエストゲートパーク』『カバチタレ!』『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』『ランチの女王』『Stand Up!!』『それは、突然、嵐のように…』『ドラゴン桜』『野ブタ。をプロデュース』『クロサギ』『プロポーズ大作戦』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜『MONSTERS』『SUMMER NUDE』『アルジャーノンに花束を』『5→9〜私に恋したお坊さん〜』『ボク、運命の人です。』『インハンド』
国際ドラマ
『The Head』『Drops of God / 神の雫(仮題) 』
日本映画
『映画 クロサギ』『あしたのジョー』『近キョリ恋愛』『テラフォーマーズ』『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』
日本国外映画
『サイバーミッション』『ザ・マン・フロム・トロント』
 

♢李由梛 役  :未定



19年前に学生だった伊吹と日本の美しい建築を巡りながら、互いに忘れられないひとときを過ごしたが、「将来、私の家を建ててね」の一言を残して離別。
19年後その約束を叶えてくれる様、再び伊吹の前に現れる。

♦李由梛さんはまだ配役が決まっていません。

予想としては過去3回の共演で同世代の長澤まさみさんが良いのかもと思いますが?

  • 2005年「ドラゴン桜」で共演
  • 2007年「プロポーズ大作戦」で共演
  • 2013年「SUMMER NUDE」で共演

 

※長澤 まさみは、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。身長168cm。東宝芸能所属。 静岡県磐田市出身。堀越高等学校卒業。 父は元サッカー日本代表で、Jリーグ参入前のジュビロ磐田の監督を務めた長澤和明。掲出先Wikipedia

  • 生年月日:1987年6月3日
  • 出身地:静岡県
  • 身長:168cm
  • 両親:長澤和明
  • 学歴:堀越高等学校

まとめ

ここまで、”やまぴー『恋に落ちた家』で出演に!相手役は誰? ”について解説してきました。

またどんな映画になるのか今から楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました