『この初恋はフィクションです』飯沼愛がヒロインに決定!他のキャストは?

2021年秋ドラマ




2021年10月よりTBSテレビ系「よるおびドラマ」枠にて放送予定のドラマ『この初恋はフィクションです』。

今回は” 『この初恋はフィクションです』飯沼愛がヒロインに決定!他のキャストは?”について解説していきますね!

スポンサーリンク

『 この初恋はフィクションです』ってどんなドラマ?

本作は、ドラマは、企画・原案を秋元康さん、脚本を「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などの徳尾浩司さんが務めるオリジナルの青春群像ラブストーリー。

友情や恋、勉強、部活、進路など、高校2年生の男女が持つ悩みなどを等身大に描く。全話YouTubeでも配信。

月曜~木曜の放送回を同週の金曜にYouTubeで一挙配信のドラマとなっています。

『この初恋はフィクションです』のあらすじ

このドラマの主人公泉が通う桜彩館高校は校則がなく、個性を尊重した自由な校風の進学校だ。

そんな桜彩館高校の2年1組に「凄いイケメンが転校してくる」と噂が立ち、女子生徒たちは期待に浮き立つ。

しかし、噂の転校生は初日から欠席。

「祖父江広樹(そぶえ・ひろき)」という名前だけが黒板に書かれる。

そして彼は、次の日も、その次の日も登校してこない・・・。

 


生徒たちは「実は有名アイドルとか?」など妄想をし、根も葉もない噂話だけがどんどん広がる――。

クラスの女子は皆、想像で美化した祖父江に夢中。
一方、男子は女子が祖父江に夢中なのが面白くない。

そんなある日、泉は担任の長谷部に呼び出され、学級委員で家が近いという理由だけで、祖父江の家まで宿題を届ける係に任命される。

そして家に行くと突然、祖父江の母親から息子の友達になってあげてと頼まれる。


会ったこともない祖父江のLINEアカウントを知ってしまった泉は、クラスのみんなに内緒で祖父江とやりとりを始めることに・・・!

LINEの中での祖父江はつかみどころがなく、不思議な存在。

そんなやりとりが面白く、自分だけが知る祖父江のことをだんだん意識するようになる泉。

しかし、祖父江の家を訪ねていることを、仲良しグループの1人に知られてしまい――。
さらに泉に密かに想いを寄せているクラスメイトの野島啓介(のじま・けいすけ)も、見えないライバル「祖父江」の存在を意識するように・・・。


まだ誰も会ったことのない“不思議な転校生”である祖父江の存在に振り回されていく桜彩館高校の生徒たち。

そんな中で巻き起こる、友情や恋、勉強、部活、進路など、高校2年生の彼女・彼らが持つ問題や悩み、出来事を等身大に描いていく。

『この初恋はフィクションです』のヒロインとキャストは?


それでは、早速『この初恋はフィクションです』キャストを紹介していきますね!

倉科泉役 : 飯沼愛


高校2年生。

いつも学年で1位の成績で、学級委員も務める優等生だが、親の望む進路と自分が進みたい進路に悩む。

愛に関してはクラスで1番奥手だが、顔も姿も見たことがない「不思議な転校生」である「祖父江広樹(そぶえ・ひろき)」に恋をする。

飯沼愛ドラマ初出演で、出演に決定!

飯沼愛さんは、応募者9,000人の中から選ばれた10人の中から、女優を発掘・育成するプロジェクト「私が女優になる日_(通称:わたじょ 全10回)」に出演し、見事1位を獲得。ドラマ初出演で、今回のドラマの出演を射止めました。

 

飯沼愛プロフィール
  • 生年月日:2003年8月5日
  • 出身地:香川県
  • 身長:152cm
  • 学歴:商業高校
  • 特技・趣味:バスケットボール
  • あこがれの女優:橋本環奈、上白石萌音応募者9,000人の中から選ばれた10人で、全10回の演技バトルを繰り広げるというものでした。最終的に1位となった

野島啓介(のじま・けいすけ)役 : 坂東龍汰(ばんどう りょうた)

野島啓介役の坂東龍汰
爽やかで好青年、クラスのムードメーカーであり、泉に密かに恋をしている。
坂東 龍汰(ばんどう りょうた)コメント

放送にあたり野島啓介役の坂東龍汰さんから下記のコメントを頂きました。

僕が演じるノジは、普段ははっちゃけていて、明るくてムードメーカー的な存在ですが、真面目な時は真面目にちゃんとできる子です。

ちょっと自分と似ている部分がある気がしていて、素がでてきてしまう部分もあるかもしれないと思っています(笑)。


このドラマは初ドラマのキャストや年下の子ばかりなので、僕もフレッシュにキラキラできたら。

みんなで支え合って、カバーし合いつつ、いいものを作ってい行きますので、ぜひお楽しみにしていてください。

坂東 龍汰(ばんどう りょうた)プロフィール
  • 生年月日 :1997年5月24日
  • 出生地 :アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ニューヨーク市
  • 出身地 :北海道
  • 身長 :175 cm
  • 血液型: O型
  • 活動期間: 2017年 –
  • 主な作品:
    テレビドラマ
    『花へんろ特別編 春子の人形』『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
    『にぶんのいち夫婦』
    映画
    『十二人の死にたい子どもたち』『犬鳴村』『弱虫ペダル』『ハニーレモンソーダ』

田野来玖(たの・らいく)役 : 窪塚愛流(くぼづかあいる)

田野来玖役の窪塚愛流
癒し系でみんなのマスコット的な存在。

野島といつも一緒にいる

窪塚愛流(くぼづかあいる)コメント

放送にあたりさんから下記のコメントを頂きました。

いつもニコニコしていて、みんなをほのぼのさせるキャラクターのライクを演じます。

好きな作品が学園ものだったりして、以前からとても出演したかったので、お話をいただいた時はめちゃくちゃうれしかったです。

レギュラーメンバーなので、みんなと仲良く頑張っていきたいです。


撮影している今はとても暑いですが、暑さに負けないように、3カ月という長いようで短い期間を過ごしていけたらと思います。

『この初恋はフィクションです』を見て笑顔や元気になってもらえたらうれしいです。

窪塚愛流(くぼづかあいる)プロフィール
  • 本名:窪塚愛流(くぼづかあいる)
  • 生年月日:2003年10月
  • 出身地 :東京都
  • 身長:180cm
  • 出身地:大阪府
  • 父親 : 窪塚洋介

倉科祥子(くらしな・しょうこ)役 : 坂井真紀(さかい まき)

倉科祥子役の坂井真紀
眼科の開業医で日々忙しくしているが、子どもの教育には熱心。

泉が自分と同じように医者になりたいと思っていると信じて疑わない。

坂井 真紀(さかい まき)コメント

放送にあたり倉科祥子役の坂井真紀さんから下記のコメントを頂きました。

今の若い子たちの進路の悩みや恋、SNSでのやりとりを含めて、大部分は母親目線でやきもきしながら、そして、私たちの時代とも共通する学生時代のあれこれは少し懐かしく、とても楽しく台本を読ませていただいています。

顔が見えない相手に恋をすることはとても新鮮で、この恋の行方が楽しみです。

私が演じる主人公の泉の母親の祥子は、とてもいい母親です。


娘との会話の中で素敵だなと思う台詞がいくつもあります。

泉と一緒に、親子らしい生き生きとした距離感、空気感が出せればいいなと思っています。

今回、このドラマでデビューする子が多いですが、デビュー作は人生で一度きりですし、今しかできない、彼女たちにしか出せない魅力が現場でもキラキラとあふれています。

そこもこのドラマの大きな見どころだと思います。

坂井 真紀(さかい まき)プロフィール

生年月日 :1970年5月17日
出身地: 東京都台東区
身長: 160cm
血液型: B型
活動期間: 1992年 –
主な作品
テレビドラマ
『私の運命』『エジソンの母』『ウェルかめ』『ごめんね青春!』『監獄のお姫さま』

祖父江麻里(そぶえ・まり)役 : 矢田亜希子(やだ あきこ)


クラスの誰も顔も姿も見たことがない「不思議な転校生」祖父江広樹の母親。

天真爛漫な性格。

矢田 亜希子(やだ あきこ)コメント

放送にあたり祖父江麻里役の矢田亜希子さんから下記のコメントを頂きました。

フレッシュな方ばかりということもあり、現場の雰囲気がとても楽しいです。
とても初々しい初恋の可愛らしい脚本で、顔の見えない相手に恋をするというのも新鮮ですし、学生時代の恋愛を思い出しつつ、共感しつつ読ませていただいています。
メインキャストの女の子たちは初めてのドラマなのにとても堂々としていて、物怖じしていない感じでしっかりしていました。


その様子を見ていると、自分が制服を着てドラマに出ていた時代を思い出しました。フレッシュなみなさんの演技や成長していく姿も注目です。

私は「不思議な転校生」の祖父江くんのお母さんなのですが、常に明るくて天真爛漫だけど少し謎めいた部分もあるので、そのあたりも注目していただければと思います。

矢田 亜希子(やだ あきこ)プロフィール
  • 本名: 矢田 亜希子
  • 生年月日: 1978年12月23日
  • 出生地: 神奈川県川崎市
  • 身長 :164 cm
  • 血液型 :O型
  • 活動期間: 1995年 – 
  • 主な作品:
    テレビドラマ
    『ぼくらの勇気 未満都市』『僕の生きる道』『白い巨塔』『ラストクリスマス』『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』
    映画
    『クロスファイア』『不能犯』

『この初恋はフィクションです』の相関図


⤴上図が『この初恋はフィクションです』の相関図です!

   『この初恋はフィクションです』  のスタッフ

  • 企画・原案:秋元康
  • 脚本:徳尾浩司(『おっさんずラブ』シリーズ(EX)、『私の家政夫ナギサさん』、『恋はDeepに』(NTV))
  • プロデューサー:松本友香(『私の家政夫ナギサさん』『3人のパパ』)韓 哲(『チア☆ダン』『S-最後の警官-』『家族ノカタチ』)
  • 演出:宮崎陽平岡本伸吾(『この恋あたためますか』『大恋愛~僕を忘れる君と~』『インハンド』)小牧 桜(『リコカツ』『この恋あたためますか』)
  • 製作著作:TBS

『この初恋はフィクションです』放送は?

2021年10月より毎週月曜日から木曜日、深夜24時40分から15分枠の放送で、「よるおびドラマ」として深夜帯番組で放送する。

まとめ

ここまで、” 『この初恋はフィクションです』飯沼愛がヒロインに決定!他のキャストは? ”を解説してきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました