『サムライカアサン』 実写版のかあさんは?! 

2021年秋ドラマ




マンガ『サムライカアサン』。

その実写版が2021年10月より日本テレビ系『シンドラ』枠にて放送が決定。

大阪のおばちゃん伊佐木よい子役にはTOKIOのリーダー城島茂が務める事となりました。

今回はドラマ『サムライカアサン 実写版は城島茂でした!』について解説しますね!

スポンサーリンク

『サムライカアサン』とは?

『サムライカアサン』とは、大阪を舞台としたさりげない日常生活の中、息子のたけしに、そして夫のジョージに無償の愛情を注ぐ大阪のおばちゃん伊佐木よい子。


原作は、コーラス(集英社)にて連載され、単行本は全8巻が発売。

続編となる「サムライカアサンプラス」を経て、現在はココハナ(集英社)で最新シリーズ「サムライカアサンプラスNEO」が連載されている板羽皆のショートマンガなんですね。

親と子の基本的なありかたに何故かうるうる!

子供を持つ親なら当たり前なんですけれども何時の時代も親の目から見ればいつまでも子供は子供。

どんな事でもついつい口出しをしてしまいます。

結果、反抗期の高校生、息子のたけしからは『うざい』とか『ばばあ』とか言われてしまうのですが…

ただ時折『ドキッ』とする程の愛情をみせるよい子にたじたじ。

純粋にうるうるしてしまうんですね。

うるうるの原因は圧倒的な母性愛

親は子供が大好きで、けれどその分心配で…。心配で。

ついこの間までは何時でも「ギュッ!」として抱きしめられた宝物が、

「うっせーよばばあ!」なーんて言われた日には

普通はひいてしまいますが、

サムライカアサンはそれでも許します。

というか、そもそもたけしを嫌いになるはずがないんですね。

圧倒的な母性愛に、包まれたドラマ。

ちょっと癒されたいな~と思った時に是非「サムライカアサン」を見てくださいね。

城島茂のコメント

50歳で連ドラ初主演になるのですが、この歳にしてちょっとドキドキしております。
普段バラエティばかりなので、ドラマのお話をいただいて驚きましたが、オカン役には全く抵抗なく(笑)こうして伊佐木よい子の姿になったら、ますますその気になりました。
自分の中の母性という部分では、TOKIOのメンバーのことはすごく小さい頃から知っているので、当時のやんちゃな時代が垣間見える、照れ臭そうな笑顔を見ると、カメラを向けてこっち向いて!と言いたくなることはありますね(笑)
親は子と共に成長すると聞きますが、僕もこのドラマを通して親として成長できたらと思います。
「サムライカアサン」は、出てくる登場人物みんなが主役で、それぞれの人生を一生懸命生きていて、それを見ながら私も頑張らな! それでええやん! って励まされる、笑いたっぷり、ホロリもいっぱいの物語です。
10月の放送までぜひ楽しみにしていてください!

サムライカアサン実写版今から楽しみでなりません。

まとめ

ここまで^「ドラマ」サムライカアサン 実写版は城島茂で゛を解説させて頂きました。

他の主演者も決まり次第追記していきますね。

最後まで読んで頂き有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました