藤木直人さんの高校と大学の偏差値と芸能界デビューのきっかけとデビューから現在に至るまでの軌跡

偏差値(高校・大学)芸能界入り(きっかけ)

若い頃からかなりのイケメン。

最近では2021年7月4日より新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(毎週日曜日22時30分〜日本テレビ系)の中川大志演じる男虎柊の育ての親兼「伝説の殺し屋」役で出演したり、2021年7月24日(土)スタートの連続ドラマW「黒鳥の湖」(毎週土曜夜10:00ー11:00WOWOWプライム、WOWOW 4K)の主演を演じたりと衰えをみせない芸能活動をこなしている藤木直人さん。

そんな  藤木直人さんの出生と幼少期、卒業した高校や大学の偏差値、芸能界デビューのきっかけ。

またデビューかる現在に至る迄の軌跡をご紹介致しますね。

スポンサーリンク

藤木直人さんの出生と家族構成小学校から中学校迄

藤木直人さんの出生と家族構成

1972年7月19日岡山県倉敷市で二卵性双生児の弟として生まれす。

家族構成は、お父様、お母様、二卵性双生児のお兄様、藤木直人さんの4人家族。

お父様は転勤が多く、10歳までの間に神戸、横浜、千葉と3回の移転。

二卵性双生児のお兄様は、文武両道で社交的。


日ごろから兄と比較される事が多かった為、負けず嫌いで、努力家な性格になって行ったそうです。

藤木直人さんの小学校

藤木直人さんの小学校は佐倉市内の公立の井野小学校。

前述のとおり3回移転を繰り返していたという事で転校も3回。

その合間に、スイミングスクールに通って水泳を習ったり、家ではお母様からピアノを習ったりしていましたが、小学校では金管楽器部に所属。

なんとトランペットを吹いていたそうです。

この頃からなんとなくミュージシャンに憧れていたのでしょうか?

藤木直人さんの中学校

藤木直人さんの中学校はやはり佐倉市の公立の志津中学校。

卒業生には乃木坂46の柴田柚菜さんと北野日奈子さんがいます。

部活は軟式テニス!


何だかテニスが似合いそうなイメージですよね✨

藤木直人さんの高校と大学

藤木直人さんの高校は共学の千葉県立佐倉高等学校です。卒業生にはミスター巨人こと長嶋茂雄さんや落語家の桂文雀さんがいます。

藤木直人さんの高校の偏差値は?

偏差値は驚きの.71

偏差値71とは例えば100人中上位1.7%の成績の猛者が集う高校!全国平均では109位の高校です。※関連記事  芸能人超難関70~78偏差値高校ランキング(2021年度版)とその後の進路

この頃女子から「藤木君は横顔はいいけど真正面が問題だわ」と陰で言われて傷ついて「明日からどう生きていけば良いんだ」と悩ん藤木直人さん。

しかし、高校2年の時に「ミスター佐倉高校」全校1位に選ばれました。


また、この頃BOØWYの布袋 寅泰に憧れて「取り敢えずギターを🎸」という事で中古のエレキギターを購入ミュージシャンへの道を夢見ます。

藤木直人さんの大学は?

佐倉高等学校を卒業した藤木直人さんは大学入試に失敗。

しかし、成績優秀の為、特待生という事で予備校の学費はナント0円。

そして1年浪人後の1992年(平成4年)見事、志望校に合格します、

その大学は  早稲田大学理工学部情報学科 偏差値 65(難関)現在は基幹理工学部

藤木直人さんの芸能界入りのきっかけは?

藤木直人さんの芸能界入りのきっかけは前述のとおり、高校2年の時に「ミスター佐倉高校」全校1位に想定外で選ばれた事と、同じ年にBOØWYを見てエレキギターに出合ったこと。

最も、具体的には1993年(平成5年)大学2年の時ファッション雑誌『メンズノンノ』(集英社)のモデルに応募し最終審査で落選はしたものの、現在の芸能事務所からスカウトされた事なんですね。

デビューから現在に至るまでの軌跡

現在の芸能事務所からスカウトされてから2年後の1995年(平成7年)、大学4年生の時。映画 『花より男子』(東映版)の花沢類役で俳優デビューした藤木直人さん。

◯2年後の1999年7月7日には、シングル「世界の果て〜the end of the world〜」でCDデビュー。ミュージシャンとしても「夢」を叶えます。

◯1998年『GTO』反町隆史演じる鬼塚の暴走族仲間のトッポイ警官役で1クールの連続ドラマに初めてレギュラー出演しました。


◯その後、1998年『なにさまっ!』(TBS)、1999年『P.S.元気です、俊平』などのドラマに続けざまに出演すると、2000年にはNHKドラマDモード喪服のランデヴー』で連続ドラマ初主演を果たしています。

◯1999年度下半期のNHK連続テレビ小説『あすか』で、ヒロイン・竹内結子の相手役。また、2000年のドラマ『ナースのお仕事3』でヒロイン・観月ありさの恋人となる研修医役を演じて知名度がアップ

2001年に月9ドラマ『ラブ・レボリューション』で演じた政治記者役で一躍ブレイクしました。

◯2002年、第26回エランドール賞新人賞を受賞。

◯2003年、『高校教師』で民放連続ドラマ初主演。


同年、公開の初主演映画『g@me.』では狂言誘拐の人質にとった広告主の娘と恋に落ちるエリート広告マンを演じて、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました!

◯2004年、『愛し君へ』で月9ドラマに初主演(W主演)

◯2005年4月から、日本テレビのトーク番組『おしゃれカンケイ』の後継番組である『おしゃれイズム』のパーソナリティ(司会)を務めます。

※この番組では番組テーマ曲の作曲も担当しました。

◯2006年の土9ドラマ『ギャルサー』に出演

◯2009年4月クールのドラマ『夜光の階段』と『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』で主演(主題歌も担当)

◯2007年に日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』に出演、(2010年にパート2また、2012年に映画版が公開)


◯2008年の『Around40〜注文の多いオンナたち〜』に出演。

◯2013年の『ラスト♡シンデレラ』に出演し、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第2シリーズ)に出演。

◯2017年の『嘘の戦争』などのドラマに出演。

舞台作品では、2008年12月から年を跨いで上演された時代劇『冬の絵空』で初舞台を踏みます。
2014年、2015年の両年、蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』で図書館の司書・大島役を演じ、2015年に蜷川幸雄生誕80周年を記念して行われたロンドン、ニューヨークなどを巡る海外公演に参加。
2016年、蜷川幸雄の遺作となった彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾『尺には尺を』で主演を務めました。

◯2014年7月から始まったTOKYO FMのスポーツドキュメント番組『TOYOTA Athlete Beat』でラジオパーソナリティを務める。

◯2018年、第90回アカデミー賞長編アニメーション賞主題歌賞をW受賞したディズニー・ピクサーのアニメ映画『リメンバー・ミー』の日本語吹き替え版で主人公の相棒となるヘクター役を担当。


等々着実に実績を積み上げ現在に至ります。

まとめ

いくつになっても爽やかな笑顔が眩しい藤木直人さん。

また、俳優だけではなくミュージシャンとしての藤木直人さん。

この先も更なる活躍を期待しています。

本名:藤木直人
生年月日: 1972年7月19日
血液型:A型
出身地:岡山県倉敷市
身長:180 cm
所属キューブ
職業ジャンル: 俳優歌手ミュージシャン
活動期間:1995年 –
公式サイトト藤木直人オフィシャルWEBSITE

コメント

タイトルとURLをコピーしました