林修の高校と大学の偏差値と芸能界デビューのきっかけとデビューから現在に至るまでの軌跡

偏差値(高校・大学)芸能界入り(きっかけ)

東進ハイスクールの『いつやるか? 今でしょ!』という個性的なCMから、いつの間にかテレビで見ない日は無いくらいマルチな活躍を見せている林修さん。

 

そんな 林修さん の出生と家系、小中校時代、卒業した高校や大学の偏差値、芸能界デビューのきっかけ。

またデビューから現在に至る迄の軌跡をご紹介致しますね。

スポンサーリンク

林修さんの出生と家系

マルチな活躍で子供からお年寄り迄知名度の高い林修さんですが、家系も優秀なんですね!さっそく見ていきましょう!

林修さんの出生

林修さんは1965年9月2日、愛知県

名古屋市千種区で生まれます。

林修さんの家系は凄い人材が!

祖父は日展(日本美術展覧会)に連続10回入選するほどの、日本を代表する歴史画家林雲鳳、父は大手酒造メーカー宝酒造の元副社長という裕福な家庭。

幼稚園では毎日高級車がお出迎えするほどでした。

家族構成はお父様、お母様、林修さん、妹さんの4人家族。

現在、妹さんは建築会社の社長となり、林さん自身は結婚されていて、12歳年下の妻は産婦人科医という事。

2016年には長男が生まれています。

林修さんの小中学校時代

秀才の誉れ高い林さんですが、とにかく「出来る子供」プラス「肥満児」だったようです。

林修さんの小学生時代

小学生で既に眼鏡を掛け、本を読みながら菓子パンを食べ続けていた林さん。

不健康な生活が祟って、12歳頃には肥満体になっていたという林さんに付いたあだ名は「デブメガネ」。


ただ、勉強はその頃から出来て国語、算数、理科、社会の主要教科は全てオール5。

林先生、さすがです!

この頃の夢はプロ野球選手!のはずでしたが、後に卒業文集では「夢は歴史学者」に変更していきます。

林修さんの中学生時代

中学校は特に受験勉強をする事も無く、名古屋でトップレベルの進学校・東海中学校(中高一貫)に入学します。

しかし、相変わらず読みながら食べるというスタンスの為、体重は中学三年で87kgに達します。


ただ、普通の小学校からレベルの高い中学校に入った為、最初のテストの際にはしっかりと試験勉強を行い、結果はその甲斐あってグラスで一番。

中学の勉強だけでは飽き足らず、大学受験レベルの勉強をする等、卒業まで順位を明け渡さなかったそうです。

また、この頃の夢は物理学者と夢も変化していくんですね。

林修さんの高校と大学

 

東海高校時代

林修さんの高校は東海高校。

同窓生にはあの高須クリニック・院長の高須克弥さんやプロレスラーのサンダー杉山さん等がいます。


中高一貫教育の為、受験は内部試験で進学します。

林修さんの高校の偏差値は?

東海高校の偏差値は驚きの.73

偏差値73とは例えば100人中上位1.0%の成績の猛者が集う高校!全国平均では48位の高校です。 ※関連記事  芸能人超難関70~78偏差値高校ランキング(2021年度版)とその後の進路

 

林修さんの大学は?

林修さんの大学は 東京大学法学部第2類 です。

東海高等学校卒業後、現役で東京大学へ進学しました。

つくづく頭良いですね~(((^^;)

既に、全国模試で1位だった林さん、合格確実の為、当日は合格発表を見に行かないほどでした。

因みに同期には、俳優の香川照之さんが在籍していました。

 

ところで小学生の頃から増え続けていた体重は、大学入学時は100kgを超えていましたが、ここに来て    ダイエットに目覚め、半年で70kgに落とします。

その理由は コンパで好みの女性が「あんなデブと付きあうわけない」と悪口を吐くところ聞いてしまった為。

結局無理なダイエットは後にリバウンドを起こし100キロ超えを3回繰り返してしまいます

そして体重も落ち着いてデートが出来る様になったのか?

東大在学中からデート資金を稼ぐ為,家庭教師のアルバイトを始めます。

林修さんの東大卒業から予備校講師までの時代

東大卒業後、日本長期信用銀行(長銀)に入社した林修さんですが、不思議な予知能力があったのでしょうか?「この会社はもうすぐ潰れる」と感じ5ヶ月でさっさと依願退職をしてしまいます。(長銀は、その10年後経営破綻)

その後、様々な商売を始めますが、ことごとく失敗した挙げ句、約1800万円の借金を負ってしまいます。

しかし、ここで一念発起!方向を変え、東大卒のブランドを生かして予備校講師に転身します

東進ハイスクール東進衛星予備校では東京大学・京都大学入試現代文対策を中心に担当。

「生徒を見ていると、できない原因がどこにあって、できるようにするためにどのようなプロセスをとるべきかという“組み合わせ”がすぐにわかる」

正にドラゴン桜を地で行っていますね!

そしていよいよあの言葉のカウントダウンが始まります。

林修さんの芸能界入りのきっかけは?

個性的な講師が展開する東進ハイスクールのテレビCMで、「いつやるか? 今でしょ!」が2013年度新語・流行語大賞年間大賞を受賞する程話題となり、これが芸能界入りのきっかけとなります。

この言葉、ある授業中に林先生が、偶然口にしたもの。



撮影用に言わされたものでは無いだけに、より真実さが伝わっったものかも知れませんね。

林修さんのデビューから現在に至るまでの軌跡

林さんの場合、2013年にワタナベエンターテインメントに所属したとはいえ、東進ハイスクールの講師を辞めた訳ではなく、肩書も林先生なので芸能界デビューという言い方が正しいのか分かりませんが…。

要は、林先生側からデビューしたというのとはちょっと違って、視聴者が林先生を担ぎ出したという感じ。

森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ、2013年2月25日 – 2014年3月24日) – 月曜日準レギュラーとして、初出演してから現在(2021年・6月)まで、10年にも満たない芸能界ですが、現在10本のレギュラー番組を精力的にこなしている林先生。


着実に実績を積み上げて参りました。

まとめ

博識でいつも自身満々ですが、憎めないキャラの林修さん。

この先も更なる活躍を期待しています。

本名:林修
生年月日:1965年9月2日
血液型:O型
出身地:愛知県名古屋市千種区
身長:175cm
所属:ワタナベエンターテインメント
職業ジャンル:予備校講師・マルチタレント・司会者・作家
活動期間:2010年 –
公式サイト:   林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」

コメント

タイトルとURLをコピーしました