清原果耶さんの高校と大学の偏差値と芸能界デビューのきっかけと現在に至る迄の軌跡!

偏差値(高校・大学)芸能界入り(きっかけ)

2021年5月17日にスタートしたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)でヒロインを務め、次第に朝の顔になりつつあるる清原果耶さん。


一昨年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』では幼少期に離ればなれとなったヒロイン「なつ」の妹を演じ、その圧倒的な存在感に「この子は誰?」と驚かされました。

そんな清原果耶さんの出生と幼少期、卒業した高校や大学の偏差値、芸能界デビューのきっかけ等をご紹介致しますね。

スポンサーリンク

清原果耶さんの出生と幼少期

清原果耶さんは2002年1月30日、大阪府大阪市で生まれます。

家族構成はお父様、お母様、お姉さま、清原果耶さんの4人家族。

幼少期は歌が大好きで、机の上で1人ライブ会場とかしていたそうです。
幼少期の清原果耶さん5歳のバースデー幼少期の清原果耶さん
また、幼少期より歌とダンスのスクールに通っていた清原果耶さんですが、後に同じ事務所となるPerfumeに憧れていたからだそうです。(因みに家族全員がPerfumeのファン)

小学1年生からクラシックバレエを習い、ダンス・歌・ミュージカル・バレエを習いだしたのは、小学5年生から中学1年生までで、「Youth Theatre Japan (YTJ)」という兵庫県西宮市に本拠地を置く劇団 に通っていたそうです。

清原果耶さんのデビューのきっかけは?

清原果耶さんの芸能界入りのきっかけは福山雅治、ディーン・フジオカ、賀来賢人、上野樹里、吉高由里子、野村周平等、ミュージシャンでは星野源、サザンオールスターズ、爆風スランプ、ポルノグラフィティ、エレファントカシマシ、Perfume、flumpool、BABYMETAL等々一流芸能人を輩出して来た大手芸能事務所アミューズ。

一家揃ってPerfumeのフアンだった事から、お母様がアミューズのホームページを見ていたところ、「アミューズオーディションフェス2014」というアミューズの新人発掘イベントに勝手に応募し同年10月に開催された最終審査会で3万2214人の中からグランプリおよびポイント賞を受賞し、2014年、12歳(中学1年生)のとき、アミューズに入ります。


32000人の中のトップなんて正に「ダイヤの原石」ですね!

出だしから凄いです。

清原果耶さんの高校と偏差値、大学は?

中学生の頃から芸能界で活躍し始めた清原果耶さん。
勉強と芸能活動で、大阪と東京往復する毎日の中無事中学を卒業。

中学を卒業した清原果耶さん。
高校受験は、東京の高校を選択する為上京します。

清原果耶さんの高校は

清原果耶さんが選んだ高校はクラーク記念国際高等学校で、校長 は元プロ スキーヤー の 三浦雄一郎 さん

高校時代の清原果耶さん
芸能人御用達高校として、あの堀越学園高等学校や、日出高校の芸能コース(現在目黒日本大学高等学校 )等と肩を並べる高校です。

クラーク記念国際高等学校は、私立の通信制です。
全日制の高校とは違い、成績ではなく高校に入学し、勉強をする意欲があるかどうかを合格基準としているため、偏差値と呼ばれるものはありません

また、生徒の意欲があるかどうかを見る手立ては以下のようなものだそうです。

  • 出願前に入学説明会に参加していること
  • 面接
  • 400字程度の作文
  • 学力テスト(国語、数学、英語)

※尚、作文や学力テストは、生徒の学力がどの程度かを知るためのものであって合否の対象ではありません。

清原果耶さんの大学は?

中学生から芸能界で活躍していた清原果耶さんは大学に進学していません。
当時から人気絶大でしたので大学進学よりも、芸能活動に心血を注いでいたんですね。✨


CMに、雑誌モデル、そして女優と芸能界を駆け上がって来た清原果耶さん。

高校卒業後は、今まで以上に芸能界に身を投じます。

 

清原果耶さんのデビュー後から現在に至るまでの軌跡

2014年10月、12歳(中学1年生)の時、アミューズの新人発掘イベントのグランプリおよびポイント賞を受賞し、アミューズに入った清原果耶さんは翌年の2015年1月にデビューし、アステラス製薬や三井不動産のCMに起用されます。

また、ティーン雑誌「nicora」の専属モデルとして、その年の4月から抜擢!

続く同年の10月からはNHK連続テレビ小説「あさが来た」ふゆ役で今度は女優として年後デビュー。

実はこの時、最初は他の役のオーデションを受け不合格になった清原さんをオーディションに立ち会ったプロデューサーが、その後、ふゆ役に抜擢!

一躍、女優として、注目を集めます!

続く翌2016年にはNHKのドラマ「精霊の守り人」で殺陣(たて)を取り入れ、綾瀬はるか演じるバルサの幼少期という難しい役どころを演じきるんですね。

何だかいままでの清原果耶さんとは別物のような気がします。

撮影はアクション的な要素がたくさんありました。乗馬の稽古や殺陣の稽古など、朝ドラのふゆとはまったく違う印象の役のバルサを演じるため、すべてを基礎から教えていただいて。それも自分にとって貴重な経験になりました。
NHKアーカイブスより掲出

2016年4月放送の「毒島ゆり子のせきらら日記」小津絵美 役、2017年公開の映画「3月のライオン」では川本ひなた役を!

2018年7月から放送の透明なゆりかご第73回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門の大賞を受賞しますが、このドラマで、初主演を果たします。

同年、女子高校生からバイブル的に支持されるファッション誌『seventeen』専属モデルに抜擢

また、2019年には、前述のNHK連続テレビ小説「なつぞら」なつ(広瀬すず)咲太郎(岡田将生)が色々な情報を頼みに時間をかけ必死に探してきた妹の千遥役を見事に演じ、同年、BS時代劇 「螢草 菜々の剣」では、本格的な時代劇での主演を果たしています。

「なつぞら」での清原果耶さん。
歌手としては、2019年1月25日に、ヒロインの大野奈々役を演じた、映画『デイアンドナイト』でデビュー。

その主題歌「気まぐれ雲」(作詞・作曲・プロデュース野田洋次郎)を、役名の大野奈々で配信リリースしています。

続く2020年9月2日。

映画初主演した、『宇宙でいちばんあかるい屋根』の主題歌「今とあの頃の僕ら」より今度はCDデビュー。

そして2021年、デビューから6年目。

19歳にして前述のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』での主演を果たします。

因みに10代でのテレ朝主演は2018年度前期「半分、青い。」の永野芽郁さん以来3年ぶりなんですね。

それにしてもデビューから全力投球で活躍している清原果耶さん。

着実に実績を積み上げ現在に至ります。

 

まとめ

いつも、透明感のある表情と存在感のある演技で視聴者を魅了している清原果耶さん。

また、俳優だけではなくミュージシャンとしても活動する清原果耶さん。

この先も更なる活躍を期待しています。

本名:清原果耶(きよはらかや)
生年月日: 2002年1月30日
血液型:B型
出身地:大阪府大阪市
身長:162cm
所属:アミューズ
職業: 女優・歌手
活動期間:2015年
公式サイト: 清原果耶スタッフ(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました