横浜 桜木町からみなとみらいを空で直結結する都市型ロープウェイ!4月22日ついに運行開始へ

観光スポット

2021年4月22日(木)より日本初の常設都市型ロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN」の運行が開始されます。

えっ?横浜にロープウェイ?

そうなんですJR桜木町東口駅前と新港地区運河パークや「ワールドポーターズ」付近までを結ぶロープウェイなんですが…。今回は「YOKOHAMA AIR CABIN」について解説致しますね!

スポンサーリンク

常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」とは?

営業区間・定員

営業区間は桜木町から新港ふ頭の延長約630mで、日本では初めての都市におけるロープウェイ。

ロープウェイって聞くと神奈川県民なら箱根のロープウェイを思い浮かべる人がいると思いますが、箱根ロープウェイの定員が18名に対してYOKOHAMA AIR CABINの定員は8名ですからゴンドラの大きさも箱根の半分位のサイズなんですね。

これにより、桜木町から ハンマーヘッドやワールドポーターズ、赤レンガ倉庫までのアクセスが格段に便利になるとの事ですが…。
横浜のロープウェイ

運賃・所要時間・営業時間

運賃・運賃は大人1,000円、子ども500円です。

所要時間・前述のとおり、もともとの全長が約630mと1キロもありませんので、所要時間も片道約5分と短いんですね。

また、営業時間は10時から22時となります。

ところで運賃1000円って高くないですか?

桜木町駅から赤レンガに行くのに汽車道を歩いて15分かかります。横浜市営バスでは4分ですが、バスの待ち時間が15分以上はあり、その点ほぼ待ち時間ゼロのロープウェイは一見良いように思えますがネックは1000円という値段
これって高くないですか?
例えば横浜駅東口のベイクォーターから出ているクルーズ船・シーバスのベイクォーターから赤レンガ倉庫までの値段は600円(子供300円)。

距離にしてその半分もなく、乗ったらあっという間に着いてしまうロープウェイに1000円も払いますか?

通勤や日常的ショッピングならば払わないですよね😸

ただ、横浜市の担当者は「街の魅力やブランド力の向上につながれば」と期待しているそうですが…。

常設都市型ロープウェイロープウェイは運河を渡るアトラクション!

ただし、横浜市の 都市整備局企画課によれば、YOKOHAMA AIR CABINの建設は 「移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実」が目的との事。

それも相まってか、今回のプロジェクトに関しては、遊園地・リゾート施設の製造・設備・企画・運営会社であり、 よこはまコスモワールド等を展開する泉陽興業(大阪市)が事業主体となっているんですね。

つまり、「YOKOHAMA AIR CABIN」を単なる移動手段としてでは無く老若男女共にわくわくする乗り物にしていきたいという意図があるという事。

観覧車等などの建設に強い技術とそのノウハウで「YOKOHAMA AIR CABIN」を一つのアトラクションとして演出すれば、横浜の新たな新名所になるかも?
「YOKOHAMA AIR CABIN]に乗りに横浜に行きたい!

これから大いに、期待したいところです。

まとめ

横浜は常に進化する街。🏙

これまでの横浜は常に進化を遂げ、実際今は落ち着きましたが、市のメインステーションである横浜駅等は日本のサグラダ・ファミリアと揶揄されたりもしました。

MM21や新港地区はこれからの横浜の顔(古き良き山下町や山手は別として)ともなる地域です。

その地域が「YOKOHAMA AIR CABIN」の導入によってどう変わっていくのか?

今後とも「YOKOHAMA AIR CABIN」の立ち位置を追い続けて行きたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました