横浜・エアキャビンの所要時間は5分で1000円・アトラクションでも高い?

観光スポット

2021年4月22日(木)より運行が開始し、毎日順調に稼働している「横浜・エアキャビン」。

日本初の常設都市型ロープウェーなんですね。

今回は”横浜・エアキャビンの所要時間は5分で1000円・アトラクションでも高い”というテーマで解説していきますね!

スポンサーリンク

「横浜・エアキャビン」の所要時間

 

タイトルにある通り桜木町駅から運河パークまでのエアキャビンの所要時間は5分。

桜木町駅から運河パークまでの距離自体、630mと1キロもありませんので、汽車道等を歩いても15分位なんですね。

「横浜・エアキャビン」では36基のエアキャビンが稼働していますが、場合によっては待ち時間の方が長い場合も。

「横浜・エアキャビンの運賃は高い?」

タイトルにある通り桜木町駅から運河パークまでのエアキャビンの運賃は1000円。

これを他の交通機関の料金と比較してみると…。

横浜市営バスでは桜木町駅からワールドポーターズまで6分で220円(ここから徒歩1分で運河パーク)

1分間だけ歩きますが780円も安いのは魅力的。

健康の為なら歩いても良いし。

逆に言うなら運賃1000円って高くないですか?

通勤や日常的ショッピングならば高すぎて乗らないですよね😸

ただ、横浜市の担当者は「街の魅力やブランド力の向上につながれば」と期待しているそうですが…。

「横浜・エアキャビン」は運河を渡るアトラクション!

横浜市の 都市整備局企画課によれば、YOKOHAMA AIR CABINの建設は 「移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実」が目的との事。

それも相まってか、今回のプロジェクトに関しては、遊園地・リゾート施設の製造・設備・企画・運営会社であり、 よこはまコスモワールド等を展開する泉陽興業(大阪市)が事業主体となっているんですね。

つまり、「横浜エアキャビン」を単なる移動手段としてでは無く老若男女共にわくわくする乗り物にしていきたいという意図があるという事。

観覧車等などの建設に強い技術とそのノウハウで「横浜エアキャビン」を一つのアトラクションとして演出すれば、横浜の新たな新名所になるかも?

「横浜・エアキャビン」の運賃はそれでも高い

では「横浜・エアキャビン」をアトラクションとして乗るなら5分1000円は安いのか?

みなとみらいにある遊園地、「よこはまコスモワールド」の検証してみたところ、それでも片道5分で1000円の「横浜・エアキャビン」の運賃は高い様でした。

アトラクション内容所要時間料金
「VRV」VRゴーグルをつけ激流下りを体験出来るアトラクション約5分900円
「急流すべり クリフ・ドロップ~絶叫グランプリ」勾配46度、落差18mの水上ジェットコースター約5分700円
スーパープラネット高速で回転しながら上昇していくアトラクション約5分600円
ダイビングコースター バニッシュ!高さ約30mの場所から、時速約75キロで下降するジェットコースター3分30秒700円
スピニングコースター急カーブやアップダウンのあるレール上を、コースターで進むアトラクション約3分600円
「コスモクロック21」112.5mの大観覧車約15分800円

 

勿論、「横浜・エアキャビン」はアトラクションでは無く移動手段ですので、アトラクションに乗りながら移動できるという事を掛け合わせるなら、今までになかった一歩進んだ乗り物になりそうですね。

「横浜・エアキャビン」・おわりに

ここまで”横浜・エアキャビンの所要時間は5分で1000円・アトラクションでも高い”というテーマで解説してきました。

横浜は常に進化する街。

これまでの横浜は常に進化を遂げ、実際今は落ち着きましたが、市のメインステーションである横浜駅等は日本のサグラダ・ファミリアと揶揄されたりもしました。

MM21や新港地区はこれからの横浜の顔(古き良き山下町や山手は別として)ともなる地域です。

その地域が「横浜・エアキャビン」の導入によってどう変わっていくのか?

今後とも「横浜・エアキャビン」の立ち位置を追い続けて行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました