ハンマーヘッドのクルミッ子で製造工程見学!カフェでは切り落とし!

グルメ

横浜みなとみらいのテーマパーク「横浜ハンマーヘッド」の商業施設:ハンマーヘッド SHOP & RESTAURANTの2階には、クルミを使った焼き菓子「クルミッ子」の製造工程を見学出来る「クルミッ子ファクトリー」があります。

店内には物販コーナーや、カフェもあり、特にクルミッ子」の切り落としの部分を詰め合わせた「クルミミカップ」はリーズナブルな価格の割には最高。

今回は”ハンマーヘッドのクルミッ子で製造工程見学!カフェでは切り落とし!”と言うテーマで解説していきますね!

スポンサーリンク

「クルミッ子ファクトリー」ってどんな店

本店となる鎌倉紅谷は「山手一」と言われた東京神楽坂の「和菓子舗紅谷」の職人が鎌倉雪ノ下十二番四号の北条泰時小町邸跡地に設立したもので昭和29年に創業した「鎌倉紅谷」。

そして「鎌倉紅谷 クルミッ子ファクトリー」(以下クルミッ子ファクトリー)は令和1年 10月にそのチェーン店として開店したものなんですね。

お店は、ハンマーヘッド SHOP & RESTAURANTの2階奥で、野外にそびえ立つ土木遺産のハンマーヘッドクレーンに最も近いお店。

お店の隣は製造工場となっているので、出来たての「クルミッ子」が味わえます。

「 クルミッ子ファクトリー」で「クルミッ子」の製造工程を見学

店内は物販コーナーの奥にカフェ、そして通路を隔てたガラス張りの工場では1日2万個の「クルミッ子」が製造されています。

そして製造においては、生地作りからキャラメル炊き、包装までの過程を無料で見学(見学は工程の多い午前中がおススメ)できるんですね!

珍しいのは途中、力持ちの「クルミッ子運ぶくん」が一度に最大で16鉄板も保管庫まで運んでくれる事。

クルミッ子作りは、

    • キャラメルづくり
    • キャラメルのし
    • 生地のし、仕上げ
    • 焼成
    • 自動搬送装置「クルミッ子運ぶくん」
    • カット
    • 個包装

の順番ですが、それぞれの工程を手早くこなしていく職人さんの熟練された手さばきには注目です!

「クルミッ子ファクトリー」のカフェで切り落とし!

「クルミッ子ファクトリー」の入っている商業施設:ハンマーヘッド SHOP & RESTAURANTの代名詞ともなったハンマーヘッドクレーンは、お店のすぐ隣にあり、テラス席も備えるカフェは、横浜港を一望。

また、テラス席ではなく落ち着いた雰囲気の室内席でも横浜港を見渡す事が出来ます。



室内席からもガラス越しにクルミッ子作りを観る事が出来ますが、まずはお茶でも飲んで一息。

スイーツのオススメは、クルミッ子」の切り落としの部分を詰め合わせた「クルミミカップ」(500円)

「クルミッ子」ファンには溜まらない一品です。

「クルミッ子ファクトリー」のアクセス


アクセス・駐車場 | 横浜ハンマーヘッド (hammerhead.co.jp)

住所:〒231‐0001横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2階

  • TEL:045-263-9635(受付は営業時間に準じます)
  • OPEN:
    工場見学
    11:00~18:00
    Kurumicco Factory The Shop
    平日11:00~20:00
    土日祝:10:00~20:00
    Kurumicco Factory The Cafe
    11:00~20:00 ※L.O.19:00
  • HOLIDAY:横浜ハンマーヘッドに準ずる

おわりに

ここまで”ハンマーヘッドのクルミッ子で製造工程見学!カフェでは切り落とし!”と言うテーマで解説して来ました。

「クルミッ子ファクトリー」は、まず「クルミッ子」の工程見学において、生地が熟練された職人の手によって次々と完成品になって行くという面白さ、また出来立ての「クルミッ子」をハンマーヘッドクレーンを観ながらハーバービューなカフェで頂くという心も和む時間を演出してくれました。

またクルミッ子」の切り落としの部分を詰め合わせた「クルミミカップ」。

とっても美味しくてお得な1品でした。

横浜探索の際は是非ご利用なさってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました