【サバンナ】高橋茂雄さんの出生と幼少期・卒業した高校や大学の偏差値とデビューから現在に至る迄の軌跡

偏差値(高校・大学)芸能界入り(きっかけ)

高橋茂雄さんといえばお笑いコンビサバンナのボケ(場合によりツッコミ)担当。

また、最近はチャンネル登録者数15万3000人のサバンナ高橋/しげおチャンネル等でネット配信もしています。

今回は”【サバンナ】高橋茂雄さんの出生と幼少期・卒業した高校や大学の偏差値とデビューから現在に至る迄の軌跡”というテーマでご紹介致しますね。

スポンサーリンク

高橋茂雄さんの出生と幼少期

高橋茂雄さんは、1976年1月28日、京都府京都市市に生まれます。

ご両親と1歳違いの兄、高橋さん、4歳下の妹の5人家族。

また、祖父も父も兄も歯科医という歯科医師一家。

その為家庭は裕福で、幼少期より書道やピアノ、水泳や公文式等、さまざまな習い事をさせてもらいますがどれも長続きしません。


唯一励んでいた野球チームも試合中にレモンのはちみつ漬けをバク食いしているところを、チームメイトに「お前、試合に出てないくせに何で食ってんねん」と言われたことが苦痛となり、辞めてしまったそうです。

高橋茂雄さんの小学校

高橋茂雄さんの小学校は、
京都市立七条第三小学校です。


漫画が大好きで小学校ではマンガ部に所属していた高橋さんですが、同級生曰く、”人気者の男子生徒に付いて回る金魚の糞みたいな子供”だったと暴露されています。

現在も自他共に認める「太鼓持ち芸人」
下地はどうやらこの頃からあったのかもしれませんね。

しかし、小学校高学年の頃にはいじめにあっていた様で、
このまま地元の中学校に行ったらまたいじめられると思い、私立の立命館中学校を目指し、「普通の小学生では考えられない程の集中力」で猛勉強して受験に備えます。

高橋茂雄さんの中学校

高橋茂雄さんの中学校は合格祈願の立命館中学校。

無事入学出来ました!



偏差値は難関校らしく68

入学初日には、いじめとは無縁である様、周囲に睨みを利かせていた高橋さんでしたが、同級生に「目つきが悪いぞ」と肩パンチされて撃沈。
ひどいいじめには合わなかったものの、修学旅行では、寝間着様に持参したジャージを隠され、夜中に探し回る羽目に。

また、当時のあだなは「リュックびちゃ男」

高橋:お弁当に。遠足で着いて、リュック開けたらお粥がだだ漏れしてて、リュックがびちゃびちゃになってたんですよ(笑)それでついたあだ名が「リュックびちゃ男」です(笑)

途中からあだ名が「Bダッシュ」に変わりましたが、これは、「高橋」姓が自身含め四人いたため「Bダッシュ」に。(因みに他は高橋A、高橋Aダッシュ、高橋B)

その他中学時代のエピソードとして。

    • 修学旅行で夕食の待ち合わせ場所を間違えた高橋さん。探しに来た女子に言われた「ここおったんかい!」という一言が女子からかけられた唯一のものだった
    • 同じくらい目立たないクラスメートに突然でも、高橋くんになら勝てる気がする!意味不明なタイマンをはられた
    • 椅子になら勝てるだろう」と思い椅子にチョップして骨折した。

等々楽しい(?)中学時代を送っていた様です(笑)。

高橋茂雄さんの高校と大学

高橋茂雄さんの高校は?

高橋茂雄さんの高校は、同じ敷地内の立命館高等学校。

立命館中学校から内部進学されたようです。

高橋茂雄さんの高校の偏差値は?

偏差値は驚きの71

偏差値71とは例えば100人中上位1.7%の成績の猛者が集う高校!全国平均では109位の高校です。

高橋さん「運動神経悪い芸人」のはずが、この高校では何と柔道部に所属していた(ただし、部内では一番弱かった)そうです。
そして、この部活で、現相方の八木真澄さんと出会いますが、八木真澄さんは2歳先輩で柔道部の部長。

高橋さんは持ち前の太鼓持ちを発揮し、八木真澄さんに媚を売りまくって「いじめられも、しごかれもしないポジション」を手に入れたと明かされています。

高橋茂雄さんの大学は?


高橋さんの大学は先に進学していた八木真澄さんと同じ立命館大学産業社会学部で、高橋さんは同学部の情報メディアコース

高橋茂雄さんの大学の偏差値は?

偏差値は55

大学一年生の学園祭に漫才で出演した際、ゲストで来ていた千原ジュニア(ちはらジュニア)に評価してもらったのがきっかけとなり、1994年18歳の時遊び心で八木さんとお笑いコンビ「サバンナ」を結成します。

立命館大学卒業2か月前に行われた単位認定試験と、初の単独舞台の日程が被ったとき、高橋茂雄さんは試験を受けずに舞台を選んだ為、4年間での卒業が出来ずに留年。

しかし仕事と学業を両立させ、単位を取得し卒業したそうです。

高橋茂雄さんのデビューから現在に至るまでの軌跡

吉本所属のコンビとしてデビューした「サバンナ」でしたが2人ともNSCへ一切通わずデビューした珍しいパターン。

にもかかわらず、デビュー後はまず高橋さんのピン芸の「犬井ヒロシ」が話題となり、高橋さんが一人で『エンタの神様』に出演するようになると、コンビとしても徐々に知名度を上げ、多くのテレビ番組に出演するようになりました。

そして高橋さん単体では、

  • 「太鼓持ち芸人」
  • 「中学の時イケてないグループに属していた芸人」
  • 「運動神経悪い芸人」

等々個性を出し切り、声優やユーチューバーとしても活躍し現在に至ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋茂雄(@shigeo0128)がシェアした投稿

まとめ

ここまで”【サバンナ】 高橋茂雄さんの出生と幼少期・卒業した高校や大学の偏差値とデビューから現在に至る迄の軌跡”をご紹介してきました。

太鼓持ち芸人の高橋茂雄さん。

『エンタの神様』でギター片手にエンディングブルースを歌っていた頃から、幾年かの時が過ぎましたが、この先も更なる活躍を期待しています。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

♦茂雄しげおプロフィール
本名:高橋茂雄(高橋しげお)
別名義 :犬井ヒロシ
生年月日: 1976年1月28日(46歳)
出身地 :京都府京都市下京区
血液型: A型
身長: 176 cm
コンビ名: サバンナ
相方: 八木真澄
立ち位置: 右
同期 :有吉弘行・劇団ひとり・ふかわりょう・ビビる大木・にしおかすみこ
配偶者 :未婚

コメント

タイトルとURLをコピーしました